若返り効果も実感することが出来るおすすめの施術

美容のために使用する場合

女性

目的や用途について

最近では美容外科の施術でもボトックスは有名になってきたので、その名前を聞いたことがあるという方も多いでしょう。しかし、その性質について理解している人は実は少ないのかもしれません。ボトックスとはボツリヌス菌から抽出されたものなのですが、そのままですと毒性がありますが、美容行為として使用される場合は毒性やアレルギー反応を弱めています。ですので、体内に注入したとしても身体に害はありません。注入によってどのような作用があるのかというと、注入した筋肉部分と神経が結合する部分に働きかけて、一時的に筋肉の動きを弛緩させる効果があります。この作用によってさまざまな美容効果を生み出します。代表的なものでいうとしわ取りです。特に中高年層に人気の施術なのですが、しわが目立つ部分に注入することによって筋肉の働きを弛緩させて目立たなくする効果が期待できます。その効果に関しては、注入すると半永久的に継続する訳ではなく、効果を持続させるためには定期的にメンテナンスする必要があるのです。大体持続性は半年程度と考えて良いでしょう。もちろん、個人差がありますから、人によってそれよりも長く効果が持続するケースもありますし、その逆もあります。表情筋が原因でしわが出来ている場合は高い確率で効果を生み出します。しわ取り以外にも小顔目的で使用されることも多いのがボトックスです。発達したエラ部分に注入することによって咬筋を細くする効果がありますので、その作用を利用して輪郭をすっきりさせることができます。

ボトックス注射と言っても種類によってその効果は変わってきます。美容外科によっては使用している製品名を記載しているところが多いのですが、中には製品名を提示していない場合もありますので、実際に問い合わせしてどの製品を使用しているのか確認したほうが安心でしょう。美容外科で使用しているものはボツリヌストキシン製剤なのですが、筋肉を弛緩させることによって美容効果を生み出します。すべて同じ製剤を使用している訳ではありません。美容外科ごとに使用しているものが異なりますので、当然効果につきても差が生じてきます。また、同じものを使用していたとしても医師の技術力によって効果の現れ方に差が生じるといっても良いかもしれません。注入部位が少しずれるだけでも仕上がりの印象が変わってきますので、ボトックス注射を打つ際には信頼と実績のあるクリニックを選ぶべきです。クリニックの情報はインターネットで簡単にリサーチすることが出来ますし、実際にカウンセリングを受けてから施術を行うかどうか決めても遅くはありません。ボトックスの種類によって仕上がりや値段、そして持続性の差が出てきますが、一般的に高額な製剤のほうが定着率が良くて安全性が高いと認識して良いかもしれません。ランクが高いものほど効果の持続率が高く、半年から1年程度持続するものもあります。繰り返し施術を行えば段々と定着率も良くなることが多いですから、状態維持のためには繰り返し施術を行うことをおすすめします。頻度やペースについては美容外科医の指示に従ってください。